耳鼻科のあとは、早めの鍼で、早い回復!
更新情報
  • HOME »
  • 更新情報 »
  • ブログ

ブログ

ブログ

【番外編】新型コロナウイルスについて

 今般の新型コロナウイルスについて当院の対応を説明いたします。  鍼灸師は必須課程で、菌やウイルス、消毒について詳しく勉強します。国家試験でも細かく問われますし、例えば、○○ウイルスがDNAウイルスなのか、RNAウイルス …

鍼に向かない人 6

2、鍼を魔法だと勘違いしている人 ほとんどの患者さんは、耳の不調を訴えてまず最初に耳鼻科を受診するのが通常です。最初の耳鼻科で治らない場合は、インターネットで調べた名医と呼ばれるお医者さんがいる病院をはしごして、それでも …

鍼に向かない人 5

1、とにかく痛みに弱い人 の続き 今までの鍼師経験の中で、痛みに弱い患者さんは2、3人いました。 鍼を刺す前準備として、刺すツボを決めたら、前揉捻といって患者さんの皮膚の上を軽く揉んでほぐし、鍼を刺します。前揉捻には痛み …

鍼に向かない人 4

鍼に向かない人とは、 1、とにかく痛みに弱い人 2、鍼を魔法だと勘違いしている人 3、施術者(私)を信用できない人 それぞれを解説していきましょう。 1、とにかく痛みに弱い人 私が通常の治療で使用している鍼は、1番〜3番 …

鍼に向かない人 3

 その話しをする前に、現在新型コロナウイルスでニュースになっているWHOが認定した、鍼の効果を科学的に認められる疾患名を改めてご確認ください。 運動器系疾患  関節炎、リウマチ、頚肩腕症候群、五十肩、腱鞘炎、腰痛 外傷の …

鍼に向かない人 2

 薬と同じように鍼にも感受性があり、少しの刺激で効く人、強刺激のほうが効く人等がいます。その患者さんに合った刺激量を調整するのが私達プロの仕事のひとつです。とはいえ見た目でその人の感受性を判断できないので、初診の患者さん …

鍼に向かない人 1

 先日、NHKで『東洋医学のチカラ』という番組を放映してました。昨年と同じシリーズの新作のようです。  経絡のしくみや、鍼の効果を超音波で見たり、桐生選手やフィギュアスケートの選手、アイドル歌手が取り入れていること、イギ …

日本人の西洋医学至上主義について私が思うこと 最終回

 このお題でのまとめです。  西洋医学と東洋医学にはそれぞれ得意分野があるので、中国や台湾のようにうまく共存していくことを希望します。   『未病治』  東洋医学の中でも特に素晴らしい考え方である、未病を治す。 病気にな …

日本人の西洋医学至上主義について私が思うこと その4

 私は食道裂孔ヘルニアの経過観察のため、毎年胃の内視鏡検査を受けていますし、西洋医学を否定するつもりは微塵もありません。 東洋医学と西洋医学は得意分野が違っていて、それぞれにしかできないことを補いながら、人類が健康を保つ …

日本人の西洋医学至上主義について私が思うこと その3

 患者さんに東洋医学を説明するときに、私がよく使う言葉です。「何よりのエビデンスは歴史です」と。 X線を開発したレントゲン博士がノーベル物理学賞を受賞したのが1901年。西洋医学の画像診断がここ200年の歴史だとすると、 …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.